石原莞爾顕彰会事務局より

墓参された方々のご感想・ご意見を整理の上公開させていただいております。ノートを置いた平成13年からのものです。北海道から九州まで、小学生からご高齢の方まで老若男女、記名された方のうち約2割がこのノートに思いを綴られています。中には、遠方にも関わらず、二度以上訪れる方も相当数いらっしゃいます。石原将軍への熱い思い、永久平和への願い、この国のありようを考える、将軍の生き方に励まされた等々、記述の長短に関わらず、どれも真摯な思いが感じられるものばかりです。

【おことわり】 氏名・住所等から個人が特定できないように配慮させていただきました。できる限り原文のまま転記しましたが、ご寄付、書籍購入、その他、大意に影響ないところを割愛または簡略にした部分があります。また、内容・表現が過度な場合、語彙が読み取れない場合など、整理を控えさせていただいた箇所がありますこと、ご了承願います。当会の管理上のメモは省略。 ― 石原莞爾顕彰会事務局 ―

2018年4月30日月曜日

地域不明 A・H

満州事変は世界と日本を変えた出来事であった。日本は選択をいくつか誤って、果実も残したが害も有り、国敗れた。同様の誤りを繰り返すことなく、日本と世界のより良い歩みを模索したい。

中国 男性

佛を信じる石原氏  侵華戦争の石原氏  墓の墓志銘は「永久平和」の石原氏  人間は複雑・・・

2018年4月28日土曜日

2018年3月28日水曜日

山形県 女性

本日は晴天で、澄み渡った空の下に鳥海山の夕映えが美しく、このような日に石原将軍の墓前に参ることができて大変光栄です。石原将軍の同郷に生まれることができて大変誇りに思っております。その誇りを胸に日々邁進していきたいと思っております。

山形県 女性

感無量です。石原さんの思想を受け継いで受験勉強を頑張りたいです。

2018年2月17日土曜日

東京都 男性

 一度来てみたいと思っていたので・・・良かった。東京から電車を乗り継いできましたが・・・この地の風の強いこと、冷たいこと。晩年、この地で何を思っただろうか。風の音を聞きながら何が胸をよぎったか。それを想像してみることが大事かなと思いました。