石原莞爾顕彰会事務局より

墓参された方々のご感想・ご意見を整理の上公開させていただいております。ノートを置いた平成13年からのものです。北海道から九州まで、小学生からご高齢の方まで老若男女、記名された方のうち約2割がこのノートに思いを綴られています。中には、遠方にも関わらず、二度以上訪れる方も相当数いらっしゃいます。石原将軍への熱い思い、永久平和への願い、この国のありようを考える、将軍の生き方に励まされた等々、記述の長短に関わらず、どれも真摯な思いが感じられるものばかりです。

【おことわり】 氏名・住所等から個人が特定できないように配慮させていただきました。できる限り原文のまま転記しましたが、ご寄付、書籍購入、その他、大意に影響ないところを割愛または簡略にした部分があります。また、内容・表現が過度な場合、語彙が読み取れない場合など、整理を控えさせていただいた箇所がありますこと、ご了承願います。当会の管理上のメモは省略。 ― 石原莞爾顕彰会事務局 ―

2017年8月26日土曜日

山形県人

鶴岡出身、山形在住の会社員です。墓参は初めてで石原将軍のことにも明るくありません。がこのところ山形生活が長いにもかかわらず地元庄内の先人、偉人に心ひかれているのを強く自覚します。戦後72年様々に評価される石原将軍ですが、今こそその理想の国家像を学びたいと思いました。不安の多い国内外の動きに石原将軍のようなスケールの大きな思考、鋭い判断力で対応していきたいと考えます。

神奈川県 男性

石原莞爾先生が首相になっていたら日本の運命も日本人の運命も変わっていたでしょう。安らかにお眠り下さい。また日本の将来、そして世界人類の将来もどうぞ見守ってください。

2017年8月25日金曜日

群馬県 男性

何度来ても安らぎます。有り難い空間に感謝いたします。また来ます。日本のために頑張ります。

2017年8月19日土曜日

埼玉県 男性

石原先生の半生を題材にSF小説を書かせていただきました。対米決戦なく、満州国が存続できる条件は何だったのかという視点で空想致しました。

2017年8月16日水曜日

愛知県 男性

石原中将の視野・視座を見習い、苦しくとも生命果つるまで生きて行きます。

2017年8月15日火曜日

山形県 男性

開経偈・妙法蓮華経方便品第二・妙法蓮華経如来寿量品第十六・神力品第21・観世音菩薩普門品第25陀羅尼品第26を唱えました。ご寄附千円。